profile

こんにちは。このページに興味を持ってくださり、ありがとうございます。
ここでは私という人間を知っていただくために、様々な角度から自己紹介をしてみたいと思います。

恩塚翔子(おんづかしょうこ)

1983年 千葉県生まれ

一橋大学社会学部卒業後、株式会社リクルートに入社。人事部にて延べ2000人以上を面接。事業部門では結婚情報誌ゼクシィの営業リーダー、企画として全国拠点メンバーをサポートする仕事に携わる。

順調に見えたキャリアの裏で、仕事や恋愛、人間関係などの人生の様々な分岐点が怒涛のごとく押し寄せ、悩む日々が続く。もがき続ける中でコーチングに出会い、その後、数々の人生のリープ(飛躍)を経験。

28歳でNY留学し、のちにリクルートを退職。国際結婚を決意し、英語習得のためロンドン留学を経てチェコプラハへ移住。商社にてヨーロッパ顧客への営業として働く傍ら、プラハでコーチ資格を取得。さらに日本に定期的に帰国し、世界最大のコーチ養成機関Coaches Training Institute (CTI)のカリキュラムを修了。ライフコーチとして活動を開始。2020年不妊治療の末第一子を出産し、コーチとして独立。

自身がクライアントとして経験した “コーチングが持つ人生を変えうる強烈なインパクト” を、今度は届ける側に立ちたいという強い願いを持つ。現在も学びを継続しながら、日本および海外在住の方々を対象に、精力的にライフコーチとして活動を続けている。

より詳しい経歴

幼少期〜小学校

父、母、3つ下の弟、柴犬の一家で育ちました。マンガ家になることを目指して、ずっと絵を描いていました。外で遊ぶことも好きな、活発な子供だったかと思います。

中学校

千葉大学附属中学校。自由な校風ですくすく育ちました。吹奏楽でバリトンサックスを担当。自分が主旋律を奏でるよりも、縁の下の力持ち的なやりがいを感じていました。一年生のクラスで人生の親友に出会い、この奇跡に感謝です。

高校

千葉県立千葉高等学校。弓道やダンス部など、色々と手を出しましたが、ひたすら大学受験に燃えていた頃。予備校の先生に恋をして、英語の成績がありえないほど伸びました。あのパッションと集中力がこの時代のハイライトです。

2002年 - 2006年
一橋大学社会学部政治学科
        

4年間、体育会応援部でのチアリーダー活動に没頭し、図書館よりもグラウンド(または居酒屋)でよく目撃される大学生。応援で常に大声を出していたので、声はいつもしゃがれていました。

2006年 - 2008年
株式会社リクルートに入社、人事部新卒採用グループ配属
    

ここが、私が ”ひと” に興味を持ち始めたきっかけであり、今のキャリアの原点にもなっている場所。多種多様な人生のあり方を知りました。面接官として「ひと」を見るときの自分の無意識の偏見をいかに排除するか、論理では説明がつかない人の心の複雑さ、人を言葉で表すことの難しさ。この時代に、自分の人を見つめる目線が変わりました。今の自分の基礎を作っていただいた時代。

2009年 - 2015年
ブライダル情報誌 営業、営業推進、代理店マネジメントを担当
   

営業リーダーとして九州エリアを担当、初めてチームをもつ経験や、個性豊かなお客様たちとの出会いに恵まれた時期。毎日目が回るような忙しさだったけれど、社会人として欠かせない筋肉をつけて頂きました。この頃の私は日々追われるように生活していたため、今後のビジョンを見失っていました。恋愛にキャリアに、色々からまわり。コーチングに出会ったのはこの頃。

2012年
ニューヨーク短期留学

会社で受けた研修をきっかけに、根拠のない直感のもと、突然1ヶ月の休みを取得してニューヨークに留学。マンハッタンから北にあるブロンクスという黒人の街でホームステイ。海外で暮らす原体験を得ました。ニューヨークから帰国後、ふしぎな巡り合わせで今の夫に出会う。

2015年 - 2015年
イギリス(ロンドン) に英語留学
  

夫との国際間遠距離恋愛を経て、結婚をすることに。今後チェコで働くことを見据えて、英語力の徹底向上を目指してロンドンへ。4ヶ月間、ホームステイと学校の時間をフルに使って勉強し、最終的にはC1レベルを取得。

2015年
チェコ(プラハ)移住/Charles University Czech language course 
   

チェコ生活を楽しんでいる傍ら、立て続けにおこる体調不良に悩まされました。健康優良児だった自分がここまで弱るものかと、環境の変化が人にあたえる影響の大きさを痛感。頭では、楽しい、まだまだいけると思っていても、体や心がついていかないことがあるという事実に気づかされ、内なる声に耳を傾けるための習慣としてヨガを始めます。

2016年 - 2019年
Kuroda Electric Czech s.r.o.にて営業職/コーチング/ヨガインストラクター 
   

平日はフルタイム勤務をしながら、それ以外の時間はライフワークとして、コーチングを通じてクライアントのより良い人生の実現にむけたサポートを行う。プラハ市内ではヨガインストラクターとしても活動。

2020年 - 現在

第1子出産(2020年2月)。日本・欧州のクライアントを対象にコーチを本業として活動中。自分自身にもコーチを継続的につけ、自分らしいオリジナルの生き方を創っていくために奮闘中です。

スキル・資格

Professional Coaching Skills Training修了(2018年)

RYT200ヨガインストラクター修了(2019年)

現在CTI JapanにてCPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 取得中
– 2019年11月時点 基礎/応用コース104h 修了

coaching_certification2

メディア掲載

CLASSY.12月号(2020/10/28発売)習い事で毎日を充実&スキルアップ!特集掲載

コーチングはコーチとの相性が大切です。それをお確かめ頂くために無料オリエンテーションを行っています。ご希望される方は、問合せフォームよりお申し込みください。また、コーチングに関するご質問もお待ちしています。

大事にしていること

心身の健やかさ

しなやかな筋肉と精神をもち、エネルギーの巡りに滞りがない状態をいつも目指しています。きちんと睡眠をとり、体に栄養を取り入れる。自分の限界をきちんと知る。自分の心と体の声に耳を傾けて、メンテナンスを自分で行えるようになるために、ヨガインストラクター資格をとりました。外見を飾るよりも、内面から滲み出る美が好きです。いくつになっても、シンプルな服を美しく着られる、そんな女性にあこがれます。

家族・パートナー・仲間

私にとって家族は自分を構成する一番大きな柱です。私の人生は、この父と母があってこそ。今は遠くに住んでいるけれど、私は大切な人をきちんと大切にして生きていきたい。そのために出来ることをやる。夫はパートナーであり、仲間であり、親友でもあります。この人ほど私の全てを知っている人はいないと思うと同時に、全てをわかり合うということなどあり得ないと思っている自分もいます。わからないからこそ、感じて、考える。その微細なものをキャッチできるように、いつも心のアンテナを高く保っておきたい。

地球とつながる

暮らすように旅をして、肌でその土地のエネルギーを感じることが好きです。これまで沢山の国を旅してきました。アイスランドの想像を超えた規模の滝と虹、スリランカの町の混沌と動物たち、スバルバードで過ごした白夜、ヨルダンの砂漠での無音の世界。こういう場面に出くわしたとき、地球が放つパワーを直球で感じます。人間はこの自然界でほんのちっぽけな存在でしかないということを思い出す。きっと、大切なことって本当はシンプル。旅は私の視点を地球規模に引き上げてくれる、大切な時間。

体験する

私はよくも悪くも、体験したことからでないと学べないタイプです。知識だけで思考を発展させることがあんまり得意ではない。だからこそ、できるだけやってみて、五感で感じたことを心に残すようにしています。私にとっては、誰かが調べてくれた沢山の知識より、あの日あのときに吹いていた風の匂いを知っていることの方が大切。体験することはときに大変で、痛い思いもするけれど、必ず物事を考えられる視点が一つ増える。それはつまり、感受性を豊かにするということ。白か黒か、またはそのどちらでもない何かなのか。全てを包み込んでいけるような人間になりたい。

内省する

そういうと聞こえは良いですが、簡単にいうと家に引きこもってじっとしていることです。これはある意味、私にとっては消化活動と修復期間。外の世界で受け取ってきた沢山の学びと刺激を、一個一個、噛み砕いて、吸収していく。あとは、戦いで疲れた体や精神をおもいきり甘やかして、修復していく時間でもあります。はっきり言って根暗です。オンの私しか見ていない方には元気で明るい人という印象をよく持たれるので、こういう一面もあるということをお伝えしておきます。

water fall
jordan-dessert

instagram @coaching_onzuka